これじゃあ横浜も名古屋もだめだよなあ

友達がマリノス対グランパスの試合のチケットを貰ってきたのでご相伴にあずかって横浜国際まで試合を見に行った。
まあ感想はというとタイトルの通りなわけだが。順位も中位から下位に沈んでいる両チームということもあって、あきらかにモチベーションというか絶対に勝つという心意気にかけているように感じた。
特に両チームのファンというわけでもないので(昔木村和司が好きだったこともあって横浜はJリーグでは三番目に好きなチームではある)、気楽にみていた。注目というか見たかったのは名古屋の本田、ヨン様じゃなくてヨンセン。横浜は当然まっつん(松田)、久保、はこの前レッド貰ったから出場停止じゃないか……
ヨンセンはあまりボールに触ってなかった。大きい選手だけど意外と足元がうまくてワンタッチツータッチ系のポストはかなりうまい。まあボールもって突っ込んでいくタイプではないみたいなんで、単に難しいところにいっていないだけともいう。結局名古屋の唯一の得点はヨンセンの頭。
本田は期待できる。
試合全体としても名古屋の方がグランドをワイドに使ってよいサッカーをしていた。ただねえワイドに使うだけ。開いたところからが遅くて、精度がない。アイデアもなくて中に切れ込むでなし、縦に突破するでもなし。カウンターものろくて点が入る気がしない。
横浜はひどくて全然つながらないし全体に押し込まれる感じ。開始直後に一点とってるのがあるしまあマリノスはこういうチーム。にしてもひどい。特に田中はゆまがひどい、集中力かけてる?ただ横浜はカウンターがうまくて守ってスピーディーなカウンターっていうことでチーム意識は統一されてるなって感じはした。
最後に楢崎のナイス飛び出しのクリアを田中はゆまがループでうまく決めて勝負あり。最後ヨンセンは前線にはりっぱなしでパワープレイを望んでたみたいだけど全然ボール出てこず。こんな感じでだめな試合でもなんとなく勝ってしまえるのは横浜はまだ地力があるのかなって感じがした。
横浜のサポータ。
CA250229-400.jpg
がらがらに見えるけど、これでも二万はいってる。
CA250231-400.jpg
今日のまっつん。あいかわらず突貫オーバーラップあり。おかげでボランチの河合がなぜか最終ラインのセンターにいることが多くてお疲れさま。きっとローテーション制でまっつん2回河合1回の割合で上がることになってるんだよ!
河合「あっ松田さんいない!松田さん!松田さん!どこいったんですかー」

カテゴリー: サッカー タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です