Lenovo ideapad S10e ソフト面

ideapadは外国製のPCらしくバンドルソフトの類がほとんどなんにもないのだが、いくつかはついているので、今日はそういう話。
一覧にしてみると以下の通り

  • Energy Management
  • Lenovo Quick Start
  • Lenovo VeriFace 認識III
  • PC-Doctor 5 for Windows
  • Think Vangate
  • USB2.0 Card Reader Software
  • Share Your Ideas

あとNortonの三ヶ月ぐらいのライセンスがついてきたけど、まあそれは説明不要なのでいいとしよう。
Energy Management
電源管理支援。そこそこ細かいことができそうにみえる。が、表示言語が英語のまま。
Lenovo Quick Start
OS起動前に起動するQuick Startの設定ソフト。とはいっても使う・使わないの設定と、OS起動待ちの時間の設定しかない。日本語ローカライズ済み。ただし、OK/キャンセルの表記が中国語?
quick_R.JPG
Lenovo VeriFace 認識III
顔パス設定ソフト。ログイン認証を顔パスでできるようにするために、このソフトを使って顔の撮影と登録を行う。日本語ローカライズ済み。
PC-Doctor 5 for Windows
よくあるデバイスを含めコンピュータの診断をするソフト。
Think Vangate
Lenovo Updateとでもいうべきもの。型番とかそういうものを元にLenovoのサーバと通信して、ドライバなどを最新にしてくれる優れもの。DELLでも似たようなソフトがあったが、それは型番とかを最初に自分で入力しないといけないし、示してくれるのは今あたっているのを含むアップデータのダウンロードリンクだけだった(BTOだから実際には適用できないのも表示されるし)ので、それに比べるとものすごく便利だ。日本メーカーもこういうのやればいいのにと思う。
USB2.0 Card Reader Software
アンインストーラだけ。
Share Your Ideas
URLのショートカット。Lenovo Social(英語)というページに繋がるだけ。
あと、エクスプローラの右クリックメニューでVeriface暗号化というのがある。ファイルにこれを指定すると、例の顔認識の画面がでてきて、顔を確認したらファイルの暗号化。復号するときには当然顔が必要と。ただしログイン時の顔認証と違って、パスワードで復号はできません。まあ本気で役に立つかどうかはおいといて、どっかに原本をおいといて、持ち出し用のは暗号化とかそういう気軽な用途には使えるかも。
総じてオマケ程度という気はするが、Think Vantageはすばらしい。故障診断機能とあわせて、どこのメーカーにも標準にしてもらいたいな。

カテゴリー: PCメモ タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です