ナビスコカップ準決勝 第二戦

ナビスコカップ準決勝 第二戦いってきた。今年も日本平のサンフレッチェ戦みたいなとは思っていたけど、今年はリーグ戦のラス前の試合だったんで、ちょっとどうかなあと思っていたら、都合よくナビスコの準決勝がやることになったので、喜び勇んで日本平へ。しかも一戦目は2-1でかってるぜ。0-1だけが怖い……

去年と同様エスパルスファンの友人(東京都町田市出身。沼津に10年以上住んでいたのでエスパルスファン)と、柏ファンの友人(千葉県我孫子市出身。アメリカのサンノゼに数年すんでいて、その時はサンノゼアースクエイクの応援に行ってドノヴァン見てたらしい。アースクエイクのユニフォームをおみやげで貰った)と観に行って、試合前は昨日のゼルビア町田の試合の話とかしてた。

ナビスコ準決勝第二戦試合前

ナビスコ準決勝第二戦試合前

試合前のエスパルスギャルの踊りの時の写真。今年買ったSONYのデジカメはスイングパノラマとかいって、自分でカメラをふってパノラマ画像がとれるという変な機能がついてる。これが案外面白い。

試合の方はと言えば、

前半

  • 試合が始まるやいなや、中林がスーパープレゼントパス。これからを考えかなり不安になる。
  • 最初の15分ぐらいはロングボール主体。その後やっと地上戦を戦う気になる。
  • いや、地上戦じゃなくて地上散歩だった。キーパーからのスローで出発→バックラインで回す→青山にいれる→高萩、高柳に入れる→サイドにさばく→それ以上進めなくて後ろに戻す→キーパーに戻す
  • しかしエスパルスも点を取られたくない一心で攻撃が緩慢。ボール持った人以外ほとんど誰も動かない。
  • 小野だけはコンディションがいいようで困る。
  • バイタルで小野をフリーにして危うく死にそうになる→ポースト郵便です→跳ね返りが大前の前にいってまた死にそうになる→再びポースト郵便です。これでツーアウト
  • 結局フォーアウト(3ポスト、1GKとの1対1)。エスパルスは呪われていた。一個でも入っていたら今日の試合は負けていたと思う。
  • とにかく全員引き過ぎで中盤すき放題回されてた。
  • しかしエスパルスもカウンターが怖いのか、あんまりサイドからせめて来ない。
  • 李はよかった。孤立無援の縦フィードを頑張って竸って、結構自ボールにもしてた。あれが跳ね返されて波状攻撃されるときつすぎるので、今日みたいな試合の時は忠成一択かもしれない。

後半

  • ストヤン交代。ケガではなくてコンディション不良らしい。まあ確かによくはなかった
  • スリーバックが、森脇、中島、服部(え?)
  • ダブルボランチが青山、カズ
  • WBがミキッチ、山岸
  • 前が高萩、高柳
  • 1トップが李忠成
  • 後半はこんな感じのフォーメーション
  • やっぱカズと青山がボランチに入ると落ち着くよねーということでボール支配率格段にアップ。
  • やっぱ広島の各選手はショートパスがうまくて、わりと混雑してきてもそう簡単にボールを失わない。近くで見てるとほんとすごいねーと思う。
  • 高萩は今日はすごく走ってたね。ロスタイム最後のルーズボールに超全力疾走しているシーンはキュン死しそうだった。好感度超アップ。
  • 高柳はあんま走ってなかったかな。
  • 山岸のゴールシーンは震えた。バックスタンドでちょうど山岸の背後の直線上に座ってる感じだったので、けったボールが巻いてサイドネットに糸をひくように吸い込まれるのを見れた。思わず「よっし入った!」っていっちゃったよ。後ろのエスパルスサポににらまれてたかもしれない。
  • ちなみに小野の前半のミドルもほとんど同じ角度だったので、シュート打つ前から絶対やられたと思いました。
  • その後エスパルスが攻めるしかなくなってうっかりフォワード増やしたんだけど、中盤で構築する人が誰もいなくなって、かえって広島にボールを回され放題する始末。なんかフォーメーション的には424みたいになってた。ボランチの山本まさきの出来が悪くて広島的にはセーフ。
  • それでもヨンセンの頭めがけたボールを起点にされると厳しくて、最後の15分ぐらいはそんな感じで厳しかった。
  • とはいえあんまり大ピンチはないなあと思っていたら、結局最後は小野だった。
  • ロスタイム表記が4分なのに、妙に長くて心臓に悪かった。
  • まあ試合は引き分けだけど合計で勝ったからよし。
  • リスクを犯さずに、少ない機会、少ない人数で得点する。そうすれば最悪2点とられてもまだ同点。というゲームプラン通りだったんじゃないかな。

ついにカップ戦の決勝か。楽しみだ。

カップ戦の決勝というと、天皇杯でピクシーにぼこられたとき以来か……

カテゴリー: サッカー タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です