非常用持出し荷物

東北であまりにもひどい震災があったり、静岡でも震度6+があったり(うちは沼津で震度4だったおかげで被害なし)と、物騒な感じなので、非常用持出し荷物をチェックしてみた。

非常用持出しグッズ1

非常用持出しグッズ1

左上:手回し発電機付きラジオ兼ライト。携帯のアダプタ付き。特に問題なく動作していたが、側のラバーがネバネバしていてかなり使う気にならない。物資が落ち着いたら新規購入すべき。

右上:昔よくキャンプしてたときに使っていたヘッドライト。単三4本。蓋を開けてみたら乾電池が超液漏れしていた。おそらく使用不可。落ち着いたら同じものを買うか、ランタン型のを買うかしよう。

中央:握力計のようににぎにぎして付けるタイプの懐中電灯。問題なし。

左下:同じくキャンプ用に持っていた十徳ナイフ。問題なし。

下中央:ライターと防水マッチ。ライターのひとつはガスがあるにもかかわらず、管が詰まっているのか、火がつかなかった。

右下:スピーカ、イヤホン両方タイプの携帯ラジオ。単四。電池が切れていたことを除けば問題なし。家に何本か単四があったので、それに入れ替えた。単四は汎用性に乏しいし、イヤホンの線でアンテナの代用にするタイプで、どうしても感度がいまいちなので、単三で使えるもう少し大きい、置くタイプのラジオを準備しておいたほうがよいかもしれない。

非常用持出しグッズ2

非常用持出しグッズ2

続いて食料品関連。昔沖縄の市場でかった米軍の糧食と、嫁がなぜかもってた乾燥食品と保存用リッツ。ほんとに急場の1,2日を凌ぐ程度しかない。しかも水なし。リッツは賞味期限切れ。しかし食料品は重いのでどうしたものやら。

非常用持出しグッズ3

非常用持出しグッズ3

軍手数枚と洗濯用ロープと洗濯バサミがついてる小さい洗濯ハンガー。洗濯バサミ数個、ただしだいぶ古いので割れそう。ろうそくが一箱(30本ぐらい)。スプーン大小とはさみにクシととりとめのないラインナップ。

非常用持出しグッズ4

非常用持出しグッズ4

奥の大きめのプラケースに入っている物。トイレットペーパー1巻きとテーピング。キャンプ用のコッヘルと燃料とコンロ。プラスチックのコップが数個と、髭剃り、歯磨きセット。包帯少々。白いビニール袋はどっかのビジネスホテルに泊まったときのタオル歯ブラシセット。真ん中の小さい袋は石鹸。こちらもかなりとりとめなし。

あとは予備の乾電池が数個とレインコート一着、ポケットティッシュ10個ぐらい、黒のでっかいゴミ袋。半透明の大きなゴミ袋5,6枚。パンツとシャツと靴下が1組に、バスタオルとタオルが1枚ずつ。

そう悪くはないと思うが、基本的に独身の時にそういうものをひとまとめにしてスーツケースにいれてあったのがそのままなので、現状の人数にはあまり対応できそうな気がしない。毎年中身を見なおして、特に食料飲料は入れ替えをしたり、乾電池も入れ替えたり、ラジオがつくかどうかとか確認しないといけないだろうな。

カテゴリー: 日記 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です