柳川川下り

3/28
朝若干雨が降っていたが、ほんとうにパラパラ程度ですぐにやんだ。今日は柳川に行って柳川下りをしようと思っている。

インターネットでみつけた川下り優待券はもってきてたけど、ホテルでもらったパンフに川下り券+西鉄の往復乗車券+本吉屋という有名店のうなぎセイロ蒸しがセットになってお得な感じの券があったので、それを買って駅に上がったらちょうど西鉄特急がやってきた。前の方にBOXシートがあったんでそれに家族でのってのんびり鉄道の旅を堪能。

といっても特急は柳川まで45分とかで停まる駅も5つぐらい。わりとあっという間についたな。途中の見所としてはサガン鳥栖のスタジアム。あんな駅の真横にあるなんていいなあ。

ほどなく柳川に到着。駅についたらたぶん特急が着くのを待っていた船会社の人が案内してくれてマイクロバスに乗車。ちょっと走ってはしけに到着。

柳川川下り船着場

柳川川下り船着場

こんな感じで船がならんでる。ある程度客がたまったらぞろぞろと船をだすらしいので、運が悪いとちょっとまたないといけないかも。船は全部で14、5人ほどのれる細長い船で、今の季節は大きな掛け布団があって、みんなで布団に足を突っ込んでぬくぬくしながら出発。

外堀にある船着場を出発してしばらく走ったら、城内に船は入っていた。入り口は1箇所しかなくて、年に一度ここをしめて城の内堀の水を全部抜いてそうじするそうだ。その入口は相当に狭い。

柳川城内への入口

柳川城内への入口

通過するときはこんな感じ。船をこすることも度々だとか。

水路通過中

水路通過中

柳川といえば立花家。立花家といえばゼロ代目立花道雪、初代藩主立花宗茂が有名。ふたりとも超が着く戦上手だったけど、関ヶ原で西軍についたので改易。ところがそのあと柳川に入った田中吉政が二代で嗣子無く断絶。立花宗茂の才能を惜しんだ徳川によって柳川の藩主に返り咲いて、そのまま幕末まで柳川を治めたという奇跡の戦国武将。関ヶ原で一度改易されてその後藩主に復活したのは立花家ただ一家のみだという。

最近たまたま「志は、天下」という柳川藩最後の家老立花壱岐の小説をよんだところだったので、船頭さんの「あのあたりに昔は柳川城があったとよ」とかいうのを感慨をもって眺めてたりした。あー柳川城残ってればなあ。

志は、天下〈1〉立志・黒船―柳川藩最後の家老・立花壱岐

川下りは一時間ちょっとあるので、いや一時間あるのはあまり関係ないかもしれないけど、お堀の川下りコースの途中に茶店がある。コーヒーとか、ビールとかちょっとしたおつまみとか売ってくれる。もう少し暑かったり寒かったりすると結構売れるのかも。

柳川下り中のお店

柳川下り中のお店

川下りコース上にはたくさんの民家もあるわけだが、それらの民家の方々にはわざわざ水路側のところに雛人形を飾ったりして観光客の目を楽しませてくれるひともいるんだそうな。家の中に飾ってあったり、外に飾ってあったり。これは家の外に飾ってあった立派な段の雛人形。

川下りの雛人形

川下りの雛人形

まだ菜の花ぐらいしかさいてなかった。もう少しすると桜が咲いたり、堀端には色とりどりの花が咲き乱れるらしい。そういう季節にきたかったかなあ。ともあれ川下りもおしまい。おもったより楽しかった。

堀端の菜の花

堀端の菜の花

そのあと本吉屋にいって鰻セイロ蒸しを食べた。いや、まあおいしいにはおいしかったんだけど、浜松のうな重のほうがいいかなあ。鰻のタレはおいしいけど、やっぱり鰻は白いご飯で食べたいや。

本吉屋鰻セイロ蒸し

本吉屋鰻セイロ蒸し

その後元立花家の別荘の御花にいって日本庭園の松濤園を見たり、立花歴史博物館を見物したりした。繰り返しになるけど天気がいまいちだったのが残念。松濤園は天気がよければもっと綺麗に見えたと思う。

御花に見学に入ったらなんかカラオケやってた。なんだ!と思ったら結婚式の披露宴をやってた。やっぱり歴史と格式のある屋敷だから披露宴やるのはいいとして、カラオケはちょっとねえ。

御花内のさげもん

御花内のさげもん

ひな祭りのシーズンだったので、御花のなかも雛飾りが大量にあった。先週はお雛様みたいに着飾った子供たちが川下りをするかわいい川下り行事があったらしい。

松濤園

松濤園

帰りの西鉄特急はボックスシートじゃなくて通勤電車仕様だった。今日は楽しく鉄道旅だったけど、明日もだ。楽しみ。(私は鉄分高くないよ!)

最後はGPSのデータ。
福岡→柳川→福岡

行き帰りが同じ電車なので、ルートがかぶってるからわりと単調だね。あと最近子供が私が持ってるものをなんでも自分で触りたがるので、GPSロガーもその魔手を逃れることができない。そんなわけでせっかくの川下りルートもあんまりちゃんととれてない。残念。

カテゴリー: GPS, 旅行 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です