2011年ゴールデンウィーク渋滞地獄

おもに渋滞地獄のはなし。

今回ゴールデンウィークは車で旅行に出ることにした。嫁子供が尼崎の兄弟のところにいっているのを迎えに行くので2泊3日の日程に決定。この程度なら行き先とか宿泊とか決めずにいくのが通例だったけど、嫁がそういうのは心配なのでだめとかいうので、初日は松阪、二日目は和歌山に宿泊先を予約して出発。今日は高速で亀山あたりまで行って伊賀上野城あたりを観光したいななどと思いながら出発。

なんというか失敗。

まず朝早く四時起きででようと思っていたのに、うっかり夜更かしをしてしまい、予定より3時間弱おくれの七時出発。そして沼津インターにたどり着いたら、本線に登るランプ途上から渋滞していた。しかし、沼津インターのちょっと先から裾野、御殿場を突き抜けて30km渋滞とかままあるし、どうせ沼津からちょっといけば渋滞解消するんでまあいいかと思ったところ、たしかにすぐに渋滞は解消したのだが……

富士インター付近、清水インター付近、焼津インター付近、吉田インター付近で各々10km弱とか10km超とかのきめ細かい渋滞が静岡県全体で充満。おいおい勘弁して下さい。しかも浜松手前で事故発生とか言って浜松からの渋滞が合体して大渋滞を形成しつつあるみたい。浜松まで120分、岡崎まで4時間以上とか表示されている。イミワカンナイ。出発して2時間以上たってるのに牧之原にも到着してないのにこれから少なくとも四時間かかって岡崎にしかつかないって、いったい松阪に何時に着くんだ?

ということで高速を諦めて、御前崎方面から伊良湖フェリーにのって鳥羽経由で松阪にいくことに軌道修正。高速を降りると田舎国道をたんたんと走って浜名湖を通り過ぎるあたりまでは調子よくいってたんだけど、渥美半島に入って42号線にはいるとあやしくなってきた。田舎国道のくせに妙に信号が多くて、しかも幹線側をはしってるはずなのにほとんどひっかかる。時速50kmにみたない車が先頭を走っているので、遅くて遅くて往生した。たぶん信号に引っかかりまくったのもペースが遅かったからちょうどタイミング悪くひっかかったんじゃないの?と思いたい。

そんなこんなで、やっと伊良湖フェリー到着。4時20分出発の便で伊勢湾横断。

伊良湖フェリー乗り場

伊良湖フェリー乗り場

やっぱりフェリーは気持ちいいなあ。とはいえ日が陰ってきたせいでちょっと風が冷たくなってきたので、途中で船室に退散。

夕日の伊勢湾

夕日の伊勢湾

鳥羽についたら、まあ当然だけどどこもこんでなくてスイスイ移動。伊勢道は昨今の政治で無料区間になっていた。結局松阪についたのは、6時半。うちでてほぼ12時間たってるですよ、まったく。よく考えてみると今回東日本大震災の影響で東京から出かける人は多くが西にむかったはずで、そのせいでこのありさまになったんじゃないかな。しかし当初の予定通り4時に出発できてればこんなことにならなかったんじゃないかなあと反省。

最後は、GPSデータ

フェリーの船室に入っている間に、衛星探索を繰り返したせいか電池切れになったので、フェリーを降りるときにUSBケーブルでつないでシガーから充電しつつ動かしてみた。USBケーブルがあまり長くないので、フロントガラスの下にGPSロガーをおけなかったけど、一応ちゃんとデータ取れてたみたいだね。

カテゴリー: GPS, 旅行 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です