ケルヒャー高圧洗浄機

今年の汚れ今年のうーちーに。
ということで今日(12/29)から年末年始休みなので大掃除。といってもやったのは窓拭きと洗車だけ。

通販番組とかでたまにみかける高圧洗浄機が気になっていて、そんなに高いものなのでうっかり買ってしまった。しかもジャパネットたかた。人生初ジャパネット。うちが買ったのは、ケルヒャー 家庭用高圧洗浄機 JTK25とかいうモデル。

ケルヒャー高圧洗浄機

ケルヒャー高圧洗浄機

箱から出して、ひと通りセットしてみた図。ホースの先に高圧ガン(トリガーガン)があって、その先に長い吹き出し口をセットする感じ。吹き出し口の代わりに、ブラシとか、サイクロンジェットノズルを付け替えたりすることもできる。ほかにもオプションでいろんなノズルがあるらしい。また、写真につは写ってないけど、裏側にタンクをつけていて、そこに洗浄液を入れていると、同時に噴射してくれる設計。

写真に写っているのはバリオスプレーランスという名前。かなり強そう。多分隠しオプションでホーリーランスとかもあるに違いない。タンクに聖水をいれて、ホーリーランスから発射でvsアンデッドダメージ10倍とかになるはず。

あとは感想。

  • 最初に電源を入れたときに、案外音が大きくてちょっとびっくりした。すぐなれる
  • 最も安くて圧力が低いモデルだと思うけど、十分な圧力。コンクリート打ちっぱなしの駐車場とか、びっくりするぐらいキレイになる。掃除することにどのくらい意味があるかはおいといて
  • 窓は思ったよりは綺麗にならない。ケルヒャーでガーっとやって、水を拭うやつで拭って、雑巾で拭いて、乾いた雑巾で最終乾拭きっていう手順にならざるを得ない。
  • 高圧ホースが結構長いので便利。
  • 水道とつなぐ方のホースは付属しているが、水道栓に締め付ける道具はついてない。うちは水やり用のホースのアタッチメントがそのままケルヒャーにつながったので不要だったけど。水道とのホースがもっと長かったら可動距離がのびてさらに便利だけど、そのあたりは自分でなんとかすればいいかな
  • 車用のウォッシュブラシは便利そうな気がしたけど、よく考えると、高水圧で出るわけでもないので、洗浄剤と水を混ぜて出してくれるだけで、ケルヒャーでやる意味は大してない。オートバックスとかで売ってる、ホースに直接付けられるブラシと大してかわらん。洗浄液は1リットル近いタンク容量があるけど、あっという間になくなるので注意。
  • ジャパネットたかたモデルはひと通りオプションが付いているので、直販とかで買うより得……かもしれない。フォームノズルとかウォッシュブラシとかははっきり言うと要らないかもしれないが、高圧ホースが10mなのはよいと思う。普通の製品だと高圧ホース4mとかみたいだし。
  • びしょびしょになる。冬にやるもんじゃない。年末に窓掃除をしたいのは人情だけど、来年からお盆休みにでもやろうかなあ。そしたら気持ちよさそうだし。

よくみかける、こんなにきれいになりますよ的な写真もとってみた。

ケルヒャー高圧洗浄機の威力

ケルヒャー高圧洗浄機の威力

確かに綺麗になる。水圧は相当強いので、こういうコンクリート打ちっぱなしのガサガサした所にたまった土汚れには最適だね。

カテゴリー: ガジェット パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です